ダイオウグソクムシ

Pocket

ダイオウグソクムシ
ダイオウグソクムシ

ダイオウグソクムシは、ダンゴムシとかワラジムシに似ていますが、フナムシに近いそうです。

ダイオウグソクムシがカワイイ!って人気ですが、フナムシは気持ち悪がられます。

ダイオウグソクムシは、大人気ゲームあつ森(あつまれどうぶつの森)にまで登場するほどキャラが出来上がっています。

なぜダイオウグソクムシはカワイイと言われるのか?

たしかに顔は戦隊ヒーローみたいでかっこいいですが、フナムシだってカワイイ顔していますよ。

フナムシ
フナムシ

ほらね。

かわいいでしょ。

でも、こうやって写真を並べてみると、ダイオウグソクムシとフナムシが仲間だってことがよくわかりますね。

ダイオウグソクムシ
ダイオウグソクムシ

同じようにカッコいい(かわいい)顔をして、フォルムまで同じなのに、扱いは180度違っている原因は、おそらく動き

フナムシって、ゴキブリのようにシャカシャカすばしっこく動きますよね。

素手で捕まえるのなんてほぼ不可能。

どこに行くか、どっちに行くか予想もできないし、こちらに向かってきた時の恐怖といったらハンパない。

それが気持ち悪さの原因でしょう。

ゴキブリだって、カブトムシのようにのそのそしか動けなければ、おそらく怖くはないはずです。

何かあったときには十分に逃げられる余裕がないと、人は安心できない。予測不能が恐怖を生む。

ダイオウグソクムシは、ほぼ動かないから人気を得たのではないでしょうか。

フナムシやゴキブリにも教えてあげたい。


 

スーパーステンレス茶こし

Pocket

有田焼急須
有田焼急須
有田焼 急須 茶こし
有田焼 急須 茶こし

スーパーステンレス茶こしの急須を、毎日緑茶を飲む高齢の母親にプレゼント。

長年使っていたお気に入りの陶器の急須を落として割ってしまい、しまってあった古い小さな急須でお茶を入れていたのですが、急須本体から茶こしが飛び出していました。

急須と茶こしのサイズが合っていない。

茶こしだけを買おうとしていた母親に、美味しいお茶を飲んでもらおうと発見したのが、有田焼のスーパーステンレス茶こしの急須。

大きいサイズを買いましたが、底の方まで茶漉しがくるので、1杯だけでも美味しく入れられます。

なんと言っても洗うのが楽ちん。

茶殻が茶漉しにくっつかないし残らない。

母親のお気に入りになりました。


 

ルビーチョコレート

Pocket



第4のチョコレートと言われている「ルビーチョコレート」。

ピンクの色合いは、着色料もフルーツフレーバーも使わないで、ルビーカカオ豆という天然のカカオ豆から抽出された自然の色で、ホワイトチョコレートのような甘さとラズベリーやイチゴのような酸味がブレンドされた味わい。

今年のバレンタインデーはルビーチョコレートがトレンドです。


 

ドリームキャンドルデラックス

Pocket



明石家さんまが今年(2018年)買って良かった大満足のベストバイ商品を発表するコーナーで紹介されていた商品の中の1つ「ドリームキャンドルデラックス」。

誕生日ケーキのローソクに一つ一つ火をつけるのって意外とめんどくさくて、ローソクを抜いた後のケーキも穴だらけでちょっとみすぼらしくなるので、ケーキと別にドリームキャンドルを用意していると最高ですね。

誕生日にこんな演出してくれたら感激感動間違いなしです。


 

イッテQ

Pocket



世界の果てまでイッテQ!でヤラセ疑惑が。

宮川大輔の「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のコーナーで放送された、ラオス・ビエンチャンでの「橋祭り」が、番組が企画したでっち上げの祭りだったと週刊文春が報じたようですね。

イッテQは大好きで欠かさず見ていますが、ヤラセだろうとなんだろうと「どーでもいい」。

あのコーナーは、宮川大輔が体をはっているのが面白いのであって、祭りが大きい小さいも関係なく、歴史があるような由緒正しい祭りもあまり出てこないので、運動会の一つの種目ぐらいにしか見ていません。

番組をずっと見ていれば、それほど大騒ぎする問題でもないことがわかると思います。